アフィリエイト広告とは

アフィリエイト広告とは、提携型広告のことです。広告主はASP(アフィリエイトサービス提供業者)と契約し、提携サイトをASPのサイト内で募ります。ASPに登録している掲載希望者の提携申請を受け、広告主が承認すると、提携サイト上で広告主の広告を掲載することが可能です。提携サイトの広告経由で商品が売れる、サービスの利用申し込みがくる、資料の請求がくるなどすると、そこではじめて広告費用が発生します。広告費用が何で発生するかは、広告主が決めることが可能です。また、成果報酬型の報酬を設定することが可能であり、売上金額の○%に設定する定率報酬や、一件あたりの注文や申し込み、問い合わせで○円といった具合に定額報酬に設定することもできます。提携サイトはこの成果報酬が広告を載せることでの収入源となります。

ASPは複数あり、併用している広告主は多いです。ただ、アフィリエイト広告は報酬の設定、提携サイトの募集や選定、ASPサイト内でパートナー(広告を掲載するサイト側)向けのメルマガ配信、バナーの作成や差し替えなど、やることが多くあります。複数のASPの利用は運用作業の負担が大きくなりますし、アフィリエイトで売上アップ、資料請求数増加などの目的を果たすためには、知識や技術が要求されます。自社ではアフィリエイト広告はハードルが高いと感じることもあるでしょうが、運用代理店を利用することにより自社に知識や技術がなくてもアフィリエイト広告で成功をおさめることができる可能性があります。また、運用作業の負担を自社で負うこともなくなります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket