運用代理店の選び方

いまは数多くのアフィリエイトの運用代理店があります。どこに運用代行を依頼するのかによって、効果には違いがあります。複数の運用代理店を比較して、最良の結果を出してくれそうなところに依頼しましょう。

そのためにはどこに目を向ければ良いかですが、最重視したいのは実績です。運用代理店はアフィリエイト運用のノウハウを、業者ごとに差はあるものの有しています。ただ、運用代理店にノウハウだけあっても、結果が出なければ依頼する側としては何の意味もありません。売上、サービスの利用申し込み、問い合わせ、資料請求、会員登録などを高めた実績を示してくれるところを候補にすると、失敗に終わってしまう可能性を低くできます。

このほか、依頼者側の希望を叶えるために具体的に何をしてくれるのか、そして料金がどのぐらいかかるのか説明を受けましょう。運用作業のすべてお任せとホームページに書かれていても、その内訳は比較する運用代理店ごとに確認したほうがいいですし、料金に関してはホームページ上では最安値だけが掲載されており、相談して細かく説明を受けてみるとさまざまな名目で費用が別途発生し、ホームページ上に表示されていた金額とはまったく違ってくることがあります。

運用代理店の魅力

アフィリエイトに詳しくなくても、アフィリエイトの運用を丸ごとお願いすることができるのが、運用代理店です。利用料金はかかりますが、知識や技術が自社にあることは要求されず、運用作業の負担が自社にかかることもありません。また、運用代理店の利用をはじめたことがきっかけとなり、1年近くの期間をかけて売上が数百万円アップした、新規顧客獲得数が数百件増加したといった、大きな効果が出ている例も多数あります。たしかな実績を残していて、豊富なノウハウのある運用代理店の利用には、お金をかける価値は十分にあります。

結果という要素に焦点をあてると、すでにアフィリエイトの運用を行なっている場合にも、運用代理店の利用を検討する価値があります。たとえば、運用をしていても高い効果があがっていない場合、運用代理店が介入することによって問題点を洗い出し、改善されることによって効果が高まってくる可能性があります。また、すでにある程度は満足できる効果があがっていても、まだ伸びしろがあることに気づいていないということもあるでしょう。このあたりのことも、運用代理店に相談してみることで見えてくる可能性があります。まだ運用をはじめていない場合も、はじめている場合も、一度は相談してみてはいかがでしょうか。

アフィリエイト広告とは

アフィリエイト広告とは、提携型広告のことです。広告主はASP(アフィリエイトサービス提供業者)と契約し、提携サイトをASPのサイト内で募ります。ASPに登録している掲載希望者の提携申請を受け、広告主が承認すると、提携サイト上で広告主の広告を掲載することが可能です。提携サイトの広告経由で商品が売れる、サービスの利用申し込みがくる、資料の請求がくるなどすると、そこではじめて広告費用が発生します。広告費用が何で発生するかは、広告主が決めることが可能です。また、成果報酬型の報酬を設定することが可能であり、売上金額の○%に設定する定率報酬や、一件あたりの注文や申し込み、問い合わせで○円といった具合に定額報酬に設定することもできます。提携サイトはこの成果報酬が広告を載せることでの収入源となります。

ASPは複数あり、併用している広告主は多いです。ただ、アフィリエイト広告は報酬の設定、提携サイトの募集や選定、ASPサイト内でパートナー(広告を掲載するサイト側)向けのメルマガ配信、バナーの作成や差し替えなど、やることが多くあります。複数のASPの利用は運用作業の負担が大きくなりますし、アフィリエイトで売上アップ、資料請求数増加などの目的を果たすためには、知識や技術が要求されます。自社ではアフィリエイト広告はハードルが高いと感じることもあるでしょうが、運用代理店を利用することにより自社に知識や技術がなくてもアフィリエイト広告で成功をおさめることができる可能性があります。また、運用作業の負担を自社で負うこともなくなります。